コース紹介

COURSE

映画制作コース(6ヵ月)【2022年4月スタート】

初めての方も安心、映画づくりの初歩から学べる


10分前後の短編映画を制作する中で、脚本づくりから撮影・編集までの基本を6ヵ月間で学びます。とにかく映画の撮影をしたい方向き。6ヵ月で2本の短編映画を制作します。


〈開催日時〉
4月〜9月まで毎月第1土曜日 13:00〜15:00 


4月2日/ ガイダンス


5月7日/ 受講者全員による脚本アイデアプレゼンテーション大会
           (受講者全員による投票で上位2名の方が短編映画の監督となります)
           キャスト・スタッフ決定


6月4日/ 
脚本完成、脚本読み合わせ、撮影打ち合わせ


7月2日・3日/ 作品A撮影(2日間)
※撮影については、2日間全日となります。
※作品制作に当たって、衣装・小道具・移動費等、別途必要な制作費を(3000円程度/2作品)徴収します。


8月6日・7日/ 作品B撮影(2日間)
※撮影については、2日間全日となります。
※作品制作に当たって、衣装・小道具・移動費等、別途必要な制作費を(3000円程度/2作品)徴収します。


9月3日/ 作品完成、上映会、批評会


●現在、2022年4月からの受講生を募集中です。

●受講費用:6ヵ月間/18,000円(2期分:1年間まとめて35,000円の支払いも可能です)


〈講師〉
伊藤成人(スコーレ映画塾 プロデューサー)
岡本昌司(スコーレ映画塾 アシスタントディレクター)

映画制作コース(1年)【2022年4月スタート】

じっくりと時間をかけて、こだわりの短編映画をつくる


20分の短編映画を制作する中で、じっくりと脚本づくりから撮影・編集までに1年間かけて取り組みます。国内映画祭での入賞を目指します。


〈開催日時〉
4月〜2023年3月まで毎月第3土曜日 13:00〜15:00 


4月16日/ ガイダンス


5月21日/ 脚本・プロットの書き方、作品のテーマ決め/映画制作の基礎知識


6月18日/ 脚本プロットプレゼンテーション大会(2作品選出)


7月16日/ 脚本による決選投票、脚本検討(講座メンバー全員による投票で最も得票した方が作品の監督になります)


8月20日/ 脚本読み合わせ、脚本検討、キャスト・スタッフ決定、各役割の詳細理解


9月17日/ 脚本決定、キャストによる読み合わせ、ロケ地検討、撮影・録音技術講習


10月・11月/ 撮影(4〜5日間の撮影)
※10月11月の撮影については、10月15日、11月19日の全日となり、さらに2日程度撮影日を任意で増やします。
※作品制作に当たって、衣装・小道具・移動費等、別途必要な制作費を徴収します。


12月17日/ 荒編集後の作品による編集検討、編集技術講習
※講座日以外に編集担当者・希望者による編集作業日を設けます。


2023年1月21日/ 
作品検討、編集技術講習、映画上映に関する宣伝・配給・興行


2月18日/ 編集後の作品検討、映画祭への出品検討


2022年
3月18日/ 作品完成、上映会、批評会


●受講費用:1年間/35,000円(半年ずつ18,000円の支払いも可能です)


〈講師〉
木全純治
(シネマスコーレ支配人・スコーレ映画塾 塾長)
田中広子
(スコーレ映画塾 アシスタントディレクター)

まるごと韓国映画を知る講座コース【2022年4月スタート】

韓国映画の歴史とその面白さの秘密を探る


韓国の政治・経済の歴史と密接に繋がりのある映画を観ながら時代と映画の関係を学んでいきます。講座をインターネットで視聴する配信コースもあります。


〈開催日時〉
4月〜9月まで毎月第1土曜日 10:30〜12:00


4月2日/ 韓国映画躍進の秘密


5月7日/ 韓国映画史 1960年代以降


6月4日/ 韓国映画史 1980年代以降


7月2日/ 韓国映画史 2000年代以降


8月6日/ 在日映画人と韓国社会


9月3日/ 韓国監督、俳優列伝


●現在、2022年4月からの受講生を募集中です。

●受講費用:6ヵ月間/12,000円、「まるごと韓国映画を知る」講座+「中華圏映画を知る」講座配信コース (全12回)は、24,000円となります。


〈講師〉
木全純治
(シネマスコーレ支配人・スコーレ映画塾 塾長)

映画編集基礎6ヵ月コース【2022年4月スタート】

映画編集の基礎からしっかりと学べる


様々な基本編集テクニック・ノウハウを学び、6ヵ月後には短編映画の編集を完成させます。


〈開催日時〉
4月〜9月まで毎月第3土曜日10:00〜12:00

〈 定 員 〉
7人


4月16日/ガイダンス・編集の基礎知識


5月21日/データ整理と音の同期、カット編集


6月18日/ストーリーを効果的に魅せる編集テクニック


7月16日/エフェクト・トランジッション効果


8月20日/カラーコレクション・カラーグレーディング


9月17日/短編映画作品完成、上映会、批評会


※編集ソフトウェアはAdobe Premiere Pro、カラコレ・グレーディングはDaVinci Resolve。ソフトウェアについては、映画塾の方で用意します。

※ノートPC(メモリ8GB以上)をお持ちください。WindowsでもMacでもOKです。


〈講師〉
伊藤成人(スコーレ映画塾 プロデューサー)

スコーレ映画塾CM

最新ニュース

News